費用を安く抑える二次会

幹事の力量によって変わる

ウェディング

二次会は結婚式の後に行われることが多くあり、挙式を結婚式場で行ったあとにレストランなどを貸し切って二次会を行うことがよくあります。二次会を成功させるのか失敗するのかは幹事の腕にかかっています。そのため挙式を予定している人は幹事の人と綿密に計画をしておくことが必要になります。できれば、新郎、新婦の両方に通じている人を選ぶと進行をしていくときに便利です。また、幹事も二次会を行う予定の場所のことをできるだけ知っておくことが必要になります。当日準備しなければいけないものはどんなもので、会場ではどのようなことをすることができるのかを知っておく必要があります。円滑に進めるためには、事前に綿密な打ち合わせが大切です。

二次会のパックを利用して負担を下げる

二次会を初めから、最後まで仕切るとなると幹事の人は非常に大変になります。そこで新郎新婦、そして二次会を行う場所でできるだけ負担を分担するのがトレンドになっています。お店側では、二次会をやりやすくするためにパックプランを用意しているところが多くあります。料理や飲み物だけでなく、プレゼントであったり、招待状の発送なども含めて料金に含まれているパックがあります。こうしたパックを利用することによって幹事にかかる負担を小さくすることができるようになります。また、幹事の経済的負担を小さくするようなプランもあります。幹事様無料のプランを用意することによって、二次会の進行を努めてきた負担に対してサービスが行われるところも多いです。